09:59 2021年06月19日
  • ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式前日、ストリートパーティーにむけて蝶ネクタイでおめかしをしたラリー(2011年4月28日)
  • 首相官邸へ移る前、ロンドンの動物愛護施設「バターシー・ドッグズ&キャッツホーム」のクレア・ホートン所長に抱かれるラリー(2011年2月15日)
  • バラク・オバマ元米大統領にラリーを紹介するデイヴィッド・キャメロン英元首相(2011年5月25日)
  • ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式前日、ストリートパーティーにむけて蝶ネクタイでおめかしをしたラリー(2011年4月28日)
  • ダウニング街10番地で警察犬のベイリーと顔を合わせるラリー(2015年3月3日)
  • 訪英したドナルド・トランプ前米大統領夫妻を迎えるテリーザ・メイ前首相夫妻と窓際に座るラリー(2019年7月4日)
  • ダウニング街10番地で鳩を捕獲するラリー(2020年12月24日)
  • ボリス・ジョンソン前外相(現首相)とラリー(2017年1月10日)
  • ボリス・ジョンソン首相との会議の後、ダウニング街10番地でラリーを撫でようとする学生ら(2019年8月30日)
  • ダウニング街10番地でジャーナリストに撫でられるラリー(2020年6月16日)
  • 首相官邸の階段を歩くラリー(2011年2月15日)
  • ダウニング街10番地で報道カメラマンと一緒に座るラリー(2020年12月9日)
  • 首相官邸の窓から外を眺めるラリー(2011年2月15日)
© AFP 2021 / Pool / Ben Stansall
ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式前日、ストリートパーティーにむけて蝶ネクタイでおめかしをしたラリー(2011年4月28日)

英ロンドン・ダウニング街10番地に位置する首相官邸で「ネズミ捕獲長」を務める猫の「ラリー」が在職10周年を迎えた。動物保護施設から官邸にやって来てからこれまで3人の首相に仕えてきたラリーの10年間を、スプートニクの写真で皆さんにお届けする。

ラリーはもともと、ロンドンの動物愛護施設「バターシー・ドッグズ&キャッツホーム」で保護されていた迷い猫だった。そんな折、ダウニング街のスタッフによってネズミ捕りの能力を買われ、2011年2月15日に首相官邸へ引っ越し。ネズミ捕獲長としての任務を与えられた。

昼寝をしたりあくびをしたりと、のんびりとダウニング街10番地に君臨するラリーは、今や官邸内だけでなく全国民のマスコット的存在になっている。在職10周年を迎えた今回、各方面からお祝いのメッセージが届いているという。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る