17:11 2021年04月15日
  • 「ファラオの黄金パレード」で、国立エジプト文明博物館へ移送されるラムセス4世のミイラが入ったサルコファガス(石棺)
  • 「ファラオの黄金パレード」に参加した、古代エジプトの衣装を着たパフォーマー
  • 「ファラオの黄金パレード」の様子
  • 「ファラオの黄金パレード」のパフォーマー
  • トトメス1世とセケンエンラーのミイラが入ったサルコファガス(石棺)
  • 「ファラオの黄金パレード」で、古代エジプトの衣装を着て行進するパフォーマーら
  • 「ファラオの黄金パレード」のパフォーマー
  • 「ファラオの黄金パレード」終了後、セルフィー(自撮り)をするパフォーマー
  • 「ファラオの黄金パレード」で上映されたアーティストによるパフォーマンス
  • 「ファラオの黄金パレード」終了後、国立エジプト文明博物館へ移動するパレード参加者ら
© Sputnik / Ahmed Mahmoud
「ファラオの黄金パレード」で、国立エジプト文明博物館へ移送されるラムセス4世のミイラが入ったサルコファガス(石棺)

エジプトの首都カイロの中心部で3日、古代エジプト王のファラオや王妃のミイラが、老朽化したエジプト博物館から新設された国立エジプト文明博物館に移送され、記念パレードが行われた。

移送されたのは、ファラオ18体、王妃4体の計22体のミイラ。パレードは「ファラオの黄金パレード」と題され、礼砲や軍の音楽隊による演奏、古代エジプト人の衣装に身を纏ったパフォーマーによる行進など、盛大に執り行われた。

サルコファガス(石棺)を乗せた車列は、紀元前16世紀、古代エジプト第17王朝のセケンエンラー・タア2世から、紀元前12世紀、古代エジプト第20王朝の第8代ファラオのラムセス9世まで、年代の古い順に組まれて行進した。

また、移送されたミイラは痛まないように窒素を充填したカプセルに入れられ、細心の注意が払われた。

タグ
エジプト
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る