20:41 2021年06月13日
  • 補修工事により水が抜かれたレジア湖から現れたクロン村の跡地
  • 通常時のレジア湖の中に立つ鐘楼を撮影する男性
  • 補修工事により水が抜かれたレジア湖から現れたクロン村の跡地
  • 補修工事により水が抜かれたレジア湖から現れたクロン村の跡地
  • 補修工事により水が抜かれたレジア湖から現れたクロン村の跡地
  • 補修工事により水が抜かれたレジア湖から現れたクロン村の跡地
  • レジア湖に沈む前のクロン村の様子。中央に鐘楼が見える
  • 補修工事により水が抜かれたレジア湖から現れたクロン村の跡地
  • 補修工事により水が抜かれたレジア湖から現れたクロン村の跡地
  • 通常時のレジア湖の様子
© 写真 : Luisa Azzolini
補修工事により水が抜かれたレジア湖から現れたクロン村の跡地

イタリアの南チロル地方に位置する人工湖でこのほど、補修工事のため水が抜かれた影響で、70年前に湖底に沈んだ村の跡地が現れた。

イタリア北部、南チロル地方に位置するレジア湖は1950年、水力発電所の建造に伴いつくられた人工湖。建設地となったクロン村の住民からは多くの反対があったが、結果的に160軒以上の家が湖底に沈んだ。

そのクロン村が今月中旬、補修工事のためレジア湖の水が一時的に抜かれたことで湖底から姿を現した。水のある通常時の湖のシンボルでもある教会の鐘楼の周辺からは、階段や地下室などの建物の跡が確認できる。

タグ
写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 英イングランド・コーンウォールで、G7サミット開催前に電子廃棄物で作られたG7の首脳らを描いたアート「Mount Recyclemore」を撮影する男性
    アップデート: 2021年06月11日 18:52
    2021年06月11日 18:52

    今週のベストショット 6月5日―6月11日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    20
  • デンマーク国立博物館のショーケースに展示された、約1000年前に生き別れたバイキングの人骨
    アップデート: 2021年06月10日 18:17
    2021年06月10日 18:17

    血縁関係のあるバイキング、1000年ぶりに博物館で「再会」

    調査の結果、血縁関係があると判明した2人のバイキングの戦士の人骨が、デンマークの国立博物館で約1000年ぶりに「再会」を果たした。2人の骨のDNA分析は、バイキングが欧州をどのように移動したかを解明する手がかりとなった。

    6
  • カリフォルニア州アルカディアで、独立記念日(7月4日)のために国旗が立てられた芝生にたたずむクジャク
    アップデート: 2021年06月09日 20:01
    2021年06月09日 20:01

    カラフルな厄介者:路上でクジャクが歩き回る 米カリフォルニア

    色鮮やかで美しい羽を持つクジャク。その姿は人々を魅了するが、ここ米カリフォルニア・ロサンゼルスの都市、アルカディアでは現在、そんなクジャクが住宅街を歩き回っており、一部の住民にとって迷惑な存在となっているという。

    10
  • ベネチアでゴンドラに乗る観光客ら
    アップデート: 2021年06月08日 17:42
    2021年06月08日 17:42

    「ホワイトゾーン」となったベネチア 観光客戻る

    イタリアでは新型コロナウイルスの感染状況に合わせ、全土が「レッド」「オレンジ」「イエロー」「ホワイト」に分類され、それぞれ異なる感染対策がとられてきた。そんな中、感染リスクが低いと判断された「ホワイトゾーン」の地域にベネト州が指定され、水の都ベネチアには観光客が戻りつつある。

    12