16:17 2021年09月25日
  • パリのレストラン「Inoveat」で食用ミールワーム入りの料理を掲げるシェフのローラン・ヴェイエさん
  • パリのレストラン「Inoveat」で提供される食用ミールワーム
  • パリのレストラン「Inoveat」で食用ミールワームを使った料理を作るシェフのローラン・ヴェイエさん
  • シェフのローラン・ヴェイエさんが作った、食用ミールワーム入りの料理
  • パリのレストラン「Inoveat」で、シェフのローラン・ヴェイエさんが調理した食用ミールワームのフライ
  • パリのレストラン「Inoveat」で提供される食用ミールワームを使った料理
  • パリのレストラン「Inoveat」で、料理の仕上げにコオロギを乗せるシェフのローラン・ヴェイエさん
  • パリのレストラン「Inoveat」で、食用ミールワームを手に取るシェフのローラン・ヴェイエさん
© REUTERS / Sarah Meyssonnier
パリのレストラン「Inoveat」で食用ミールワーム入りの料理を掲げるシェフのローラン・ヴェイエさん

美しいサラダに色鮮やかなペンネ料理。一見普通の料理に見えるが、実はこれらには全て食用の昆虫の幼虫がふんだんに使われている「昆虫食」だ。ここフランス・パリのレストランでは、コオロギやミミズなどの幼虫を使った料理の提供が始まった。

欧州食品安全機関(EFSA)はことし1月、ミールワーム(ゴミムシダマシ科の幼虫)の食用が安全と判断し、5月に市場での販売を承認した。そこでパリのレストラン「Inoveat」は、ミールワームをはじめとする昆虫の幼虫を使った料理の提供を開始した。

シェフのローラン・ヴェイエさんが腕を振るって作った料理は、冒険心のある来店客を満足させているという。ちなみにヴェイエさんのおすすめは、ミールワームの粉末とサツマイモ、幼虫のソテーを絡ませたパスタ料理だ。

見た目の抵抗感が強いミールワームだが、実はタンパク質や食物繊維が豊富に含まれており、サラダに使ったり、粉末状にしてパスタやパンの材料にしたりすることが可能な用途の広い食材だ。また、二酸化炭素の排出量を抑えられるとして、「未来の食材」としても注目が高まっている。

ヴェイエさんは今後の課題として、ミールワームと他の食材との組み合わせの研究と、世論を味方につけることの2つを挙げている

タグ
写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • ドイツ・マルローにあるバードパークでヒインコに餌をあげながらポーズをとるアンゲラ・メルケル首相
    アップデート: 2021年09月24日 19:00
    2021年09月24日 19:00

    今週のベストショット 9月18日―9月24日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    18
  • チェルノブイリ立入禁止区域に生息するノロジカ
    アップデート: 2021年09月23日 17:48
    2021年09月23日 17:48

    事故から35年 チェルノブイリ立入禁止区域に広がる動物たちの世界

    ウクライナのチェルノブイリ原子力発電所で原発事故が発生して今年で35年。現在も原発から30キロメートル圏内は立入禁止区域に指定されたままであり、かつて人間が暮らしていた町には自然が戻りつつある。こうして住民がいなくなったこの場所には、多くの動物たちが戻ってきた。

    18
  • オーストラリア・メルボルンで行われたロックダウン反対デモで、警察と対峙するデモ参加者
    アップデート: 2021年09月22日 19:21
    2021年09月22日 19:21

    豪メルボルンでロックダウン反対デモ 警察と衝突

    オーストラリア南東部メルボルンの中心部で22日、新型コロナウイルス対策として導入されるロックダウン(都市封鎖)に抗議するデモが行われ、数千人が集まった。このデモは3日連続で行われており、これまでに60人以上が拘束されている。

    12
  • カナリア諸島、ラパルマ島のクンブレビエハ火山の噴火
    アップデート: 2021年09月21日 15:42
    2021年09月21日 15:42

    カナリア諸島で50年ぶりに火山が噴火、溶岩が住宅に流れ込む

    スペインのカナリア諸島のクンブレビエハ火山が50年ぶりに噴火し、強い地震と溶岩の流出などにより、5,000人を超える市民が避難を強いられている。

    12