06:14 2021年07月31日
  • オーストラリア・メルボルン北部の「スミス・ストリート」。賑やかなパブからおしゃれなバー、レコード店など何でも揃う
  • スペイン・バルセロナの「サンジョアン通り」。伝統的なバーやブティックのほか、レストランやコミックショップが並ぶ
  • 英ロンドンのサウス・バンク地区。雰囲気、活力、遺産、物など全てが揃う地域
  • キューバ・ハバナ旧市街のサン・イシドロ地区。建物のシャッターや壁などに様々なアートが描かれる
  • 米カリフォルニア州ロサンゼルスの「サンセット大通り」。豊かな緑と高級不動産が立ち並ぶ
  • オランダ・ロッテルダムの「ウィッテ・デ・ウィズストラート」。ロッテルダム市民が出かける場所といえはこの通り
  • ブラジル・サンパウロの「ルア・トレス・リオス」。イタリアやギリシャ、ボリビア、東欧などの移民が住む多様性に富んだ通り
  • シンガポールの「ハジレーン」。おしゃれな店が集まる若者に人気の通り
  • ポルトガル・リスボンの「ルア・ロドリゲス・デ・ファリア」。レストランやスタジオ、ワーキングスペース、ストリートアートが立ち並ぶ
  • アルゼンチン・ブエノスアイレスの「カレ・テムズ」個人経営の飲食店や飲み屋が多いことで知られる
  • チェコ・プラハの「クジコーヴァ通り」。プラハで最も賑やかな通りのひとつ
  • 日本・東京都渋谷の「キャットストリート(渋谷川遊歩道)」。ハイブランドやおしゃれな古着店などが並ぶ
  • フランス・パリの「ティケトンヌ通り」。観光地化はされておらず、隠れ家的な雰囲気が漂う
  • ドイツ・ベルリンの「マリアンネン通り」。全長1km弱の静かな通りにストリートアートやデザインショップ、コーヒーショップなどが集まる
  • 香港の「スター・ストリート(星街)」。狭い通りには個性的なショップからレストラン、カフェなどが軒を連ねる
オーストラリア・メルボルン北部の「スミス・ストリート」。賑やかなパブからおしゃれなバー、レコード店など何でも揃う

タイムアウト・グループが発行する国際的な雑誌「タイムアウト(Time Out)」誌がこのほど、「世界で最もクールなストリート」ランキングを発表した。

このランキングは、タイムアウト誌が2万7000人以上の都市住民の意見を参考に編成されたもの。その中から同誌の編集者や専門家らが食べ物や飲み物、芸術・文化、コミュニティなどを考慮し、トップ30を決定した。

今回1位に選ばれたのは、オーストラリアのメルボルンにある「スミス・ストリート」。また13位には、東京都渋谷区にある「キャットストリート(渋谷川遊歩道)」がランクインした。

賑やかな大通りから閑静な裏通りまで、今、世界で最もクールなストリートをスプートニクでご紹介。

 

タグ
写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • カナダ・オンタリオ州トロントの空に上げられた、高さ約30メートルのオランダの画家、ゴッホの気球
    アップデート: 2021年07月30日 19:14
    2021年07月30日 19:14

    今週のベストショット 7月24日―7月30日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • アルゼンチン南部・チュブト州トレレウ市近郊にある、化学物質によってピンク色に染まったラグーン(潟湖)
    アップデート: 2021年07月28日 20:26
    2021年07月28日 20:26

    アルゼンチンのラグーン、一面ピンク色に 原因はエビの防腐剤

    アルゼンチン南部のチュブト州トレレウ市近郊で、ラグーン(潟湖)が一面ピンク色に染まった。専門家によれば、原因は藻類などではなく、近くにある大型の水産加工工場から排出された化学物質にあるという。

    7
  • 胸元にオリンピックシンボルのタトゥーの入った競泳選手
    アップデート: 2021年07月28日 18:58
    2021年07月28日 18:58

    体にシンボルを:五輪タトゥーを刻む選手たち

    日本ではあまり馴染みがないが、多くの国でファッションとして親しまれているタトゥー。東京オリンピックでも、体にオリンピックシンボルや歴代の大会名などのタトゥーを入れた選手が多く出場しており、競技中にその顔をのぞかせている。

    13
  • 東京五輪・卓球女子シングルス予選の試合に臨むシリアのヘンド・ザザ選手(12)同大会参加選手の中で最年少
    アップデート: 2021年07月27日 19:26
    2021年07月27日 19:26

    12歳から66歳まで:東京五輪の最年少・最年長選手たち

    23日に開幕した東京オリンピック・パラリンピックでは、今大会最年少となる12歳の選手がシリア代表として出場を果たした。またその一方、馬術競技では最年長の66歳のオーストラリア代表選手が出場するなど、各種目で幅広い年齢の選手が活躍している。

    12