10:09 2021年08月04日
  • 1952年ヘルシンキオリンピック(第15回大会)のやり投げに出場したソ連のアレクサンドラ・チュジナ選手
  • 1972年ミュンヘンオリンピック(第20回大会)に出場した米国のボクシング選手
  • 2016年リオデジャネイロオリンピック(第31回大会)の男子フェンシング個人戦準決勝で対戦する米国のアレクサンダー・マシアラス選手と英国のリチャード・クルース選手
  • 1964年東京オリンピック(第18回大会)で行われた、バスケットボールのソ連対米国の試合
  • 2012年ロンドンオリンピック(第30回大会)の重量挙げ男子105キロ超級に出場するドイツのマタイアス・ステイナー選手
  • 2016年リオデジャネイロオリンピック(第31回大会)の女子バレーボール決勝戦で、中国と対戦するセルビア代表のマーヤ・オグニェノビッチ選手(左)とヨバナ・ステバノビッチ 選手(右)
  • 1980年モスクワオリンピック(第22回大会)の柔道95キロ以下級で対戦するブラジルのルイス・ヴィルジルゴ・モロ選手とブルガリアのツォニオ・アタナソフ選手
  • 2012年ロンドンオリンピック(第30回大会)の棒高跳び決勝に出場した米国のジェニファー・サー選手
  • 2008年北京オリンピック(第29回大会)の男子陸上100メートルで世界新記録を更新したジャマイカのウサイン・ボルト選手
  • 2000年シドニーオリンピック(第27回大会)のシンクロナイズドスイミングで金メダルを獲得したロシアのオルガ・ブルスニキナ選手/マリア・​キセリョーワ選手
  • 1976年モントリオールオリンピック(第21回大会)の開会式
  • 1992年バルセロナオリンピック(第25回大会)で行われたボート競技
  • 2012年ロンドンオリンピック(第30回大会)の男子グレコローマンスタイル66キロ以下級で金メダルを獲得した韓国のキム・ヒョンウ選手
  • 1964年東京オリンピック(第18回大会)の男子カヤック1000メートルで金メダルを獲得したソ連の選手ら
  • 1980年モスクワオリンピック(第22回大会)の陸上競技に出場したエチオピアのミルツ・イフター選手
© Sputnik / Anatoliy Garanin
1952年ヘルシンキオリンピック(第15回大会)のやり投げに出場したソ連のアレクサンドラ・チュジナ選手

新型コロナウイルスの感染拡大や度重なるスキャンダルの発生など、様々な不安を抱えながらも開幕が迫る東京五輪。そんな中でも出場選手らは着々とトレーニングに励み、大会に向けコンディションを整えている。

そこでスプートニクでは今回、大会開幕に先駆け、夏季オリンピックの歴代大会で活躍した選手を捉えた写真をまとめてご紹介します。

タグ
五輪, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 森林火災でケガを負った子猫の手当をするボランティア
    アップデート: 2021年08月03日 19:51
    2021年08月03日 19:51

    トルコでの森林火災 動物たちにも火の脅威迫る

    トルコ南西部で発生した大規模な森林火災は、発生から1週間が経とうとしている現在も火の勢いは収まっていない。広範囲で甚大な被害をもたらしているが、その被害は人間だけでなく動物たちにも及んでいる。

    10
  • 浴衣を着て街を店の宣伝をする女性
    アップデート: 2021年08月02日 22:45
    2021年08月02日 22:45

    五輪の裏では緊急事態宣言 東京の夜の顔

    東京五輪が行われる中、東京都は依然として緊急事態宣言下に置かれている。対象地域の飲食店では酒類提供が全面停止となったほか、午後8時までの時短営業も求められるなど厳しい対策がとられている一方、8時以降も街には灯りがともり、若者や勤務明けの会社員らが出歩く姿が見られる。

    8
  • カナダ・オンタリオ州トロントの空に上げられた、高さ約30メートルのオランダの画家、ゴッホの気球
    アップデート: 2021年07月30日 19:14
    2021年07月30日 19:14

    今週のベストショット 7月24日―7月30日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • アルゼンチン南部・チュブト州トレレウ市近郊にある、化学物質によってピンク色に染まったラグーン(潟湖)
    アップデート: 2021年07月28日 20:26
    2021年07月28日 20:26

    アルゼンチンのラグーン、一面ピンク色に 原因はエビの防腐剤

    アルゼンチン南部のチュブト州トレレウ市近郊で、ラグーン(潟湖)が一面ピンク色に染まった。専門家によれば、原因は藻類などではなく、近くにある大型の水産加工工場から排出された化学物質にあるという。

    7