02:18 2021年10月19日
  • ラドニアのシンボル 芸術家のラルス・ヴィルクス氏が制作した木製の彫刻「Nimis」
  • 芸術家のラルス・ヴィルクス氏が制作した木製の彫刻「Nimis」に置かれた花
  • スウェーデンからの独立を主張する自称国家「ラドニア」
  • ラドニアのシンボル 芸術家のラルス・ヴィルクス氏が制作した木製の彫刻「Nimis」
  • 芸術家のラルス・ヴィルクス氏が制作した木製の彫刻「Nimis」に置かれた花
  • 芸術家のラルス・ヴィルクス氏が制作した木製の彫刻「Nimis」
© REUTERS / TT News Agency/Johan Nilsson
ラドニアのシンボル 芸術家のラルス・ヴィルクス氏が制作した木製の彫刻「Nimis」

スウェーデン南部にある自然保護区の中に、スウェーデンからの独立を主張するミクロネーション(自称国家)が存在する。その「国」は岩場の海岸にあり非常に行きにくい場所にあるが、芸術家ラルス・ヴィルクス氏が建設した木製の彫刻群がランドマークとなっており、多くの観光客が訪れる。

ラルス・ヴィルクス氏は1980年、スウェーデンのスコーネ地方北西部にあるクッラベリイ自然保護区に、約75トンもの流木を使った彫刻「Nimis (ラテン語で「多すぎる」の意)」を、1991年に石の彫刻「Arx (ラテン語で「要塞」の意) と」の建設を開始。彫刻を発見した地元当局はこれまでに解体・撤去を要求してきたものの、地元住民の多くがヴィルクス氏の彫刻を支持してきた。

彫刻の建設に関する裁判が続く中、ラドニアは1996年6月、独立を宣言。2016年時点で世界中に約1万8000人の「国民」が存在しているという。

ヴィルクス氏はジョークとして、公式ホームページで移民の受け入れを公開していたが、ラドニアを本物の国だと勘違いしたパキスタン人約3000人が移民を申請する騒ぎがあった。申請すれば誰でも市民権が得られると知った人々から「大使館はあるのか」「ラドニアへはどうやって行くのか」などと問い合わせが殺到し、ヴィルクス氏は申請ページを閉鎖した。

そんなヴィルクス氏が今月3日、南部マルカリドの近くを警察車両で移動中、トラックとの衝突事故で死亡したことが報じられた。ヴィルクス氏は2007年、イスラム教の預言者ムハンマドの風刺作品を発表したことで殺害予告を複数受け、身辺警護をつけていたという。

タグ
写真, スウェーデン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 「人物・ポートレート」部門選外佳作『Audrey Hepburns Twin』 Aeriel Orndorff氏
    アップデート: 2021年10月18日 20:45
    2021年10月18日 20:45

    モバイルフォトグラフィーコンテスト「Mobiography Awards」受賞者・選外佳作

    スマートフォンなどのモバイル端末に搭載されているカメラで撮影した作品「モバイルフォトグラフィ」を競うコンテスト「Mobiography Awards」が開催され、最優秀作品と選外佳作が発表された。

    15
  • 英ロンドンのウェストミンスター寺院で、王立英国在郷軍人会100周年の記念行事に出席したエリザベス女王
    アップデート: 2021年10月15日 19:08
    2021年10月15日 19:08

    今週のベストショット 10月9日―10月15日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビにある韓国文化センターで、『イカゲーム』をプレイするプレイヤー
    アップデート: 2021年10月14日 21:07
    2021年10月14日 21:07

    韓国Netflixドラマ「イカゲーム」 世界で話題沸騰中

    米動画配信サービス「ネットフリックス(Netflix)」で大反響を呼び、歴代最多の視聴者数を記録した韓国ドラマシリーズ『イカゲーム』。主人公たちが大金獲得をめざし、失敗すれば即死の過酷なゲームに挑戦するというストーリーだが、劇中に登場するゲームやお菓子が各地で人気を博している。

    10
  • モスクワ郊外で無重力飛行の訓練を受ける前澤友作氏
    アップデート: 2021年10月13日 17:55
    2021年10月13日 17:55

    前澤友作氏、宇宙飛行士訓練に励む 無重力飛行も体験

    日本の実業家で「ZOZO」創業者の前澤友作氏(45)は12月、日本の民間人として初めて国際宇宙ステーション(ISS)へ向かう。前澤氏は現在、モスクワ郊外のガガーリン宇宙飛行士訓練センターを拠点に訓練を受けており、先月末には人生初の無重力飛行も経験した。

    10