19:48 2019年08月26日
写真
  • ビーチサッカー ブラジル、リオデジャネイロ
    アップデート: 2019年07月05日 21:37
    2019年07月05日 21:37

    今週のベストショット 6月29日-7月5日

    スプートニク日本は、この一週間の間に、世界の通信社の特派員が配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    15
  • ミルクチョコレートのレトロ広告
    アップデート: 2019年07月04日 22:34
    2019年07月04日 22:34

    こんな時代もあった… 今や芸術品、日本のレトロ広告

    セピアがかった昔の広告は今や芸術作品と同じ扱いを受けている。三菱重工業コルト1000、キャノンのダイヤルなど、コレクターは往年のスターの広告を手に入れようと金に糸目をつけていない。そもそも日本の広告が何から始まったか、覚えておられるだろうか?

    12
  • 皆既日食 アルゼンティン
    アップデート: 2019年07月03日 20:41
    2019年07月03日 20:41

    太陽が見せた笑顔 皆既日食2019

    7月3日、月の影が地球を4分33秒間覆ったとき、地球に暮らす人々は皆既日食を観察することができた。南ラテンアメリカの諸国では、とりわけこの素晴らしい現象をよく見ることができた。

    16
  • 田植え祭りではしゃぐ女性
    アップデート: 2019年07月01日 20:02
    2019年07月01日 20:02

    豊作のために泥に飛び込もう:ネパールで「田植え祭り」が開かれる

    ネパールで6月29日、「ロパイ・ジャトラ(田植え祭り)」が祝われた。ネパールの人々は豊作を願い、泥水の中で儀式を行う。人々は泥の中に飛び込み、泥をかけあう。多くのネパール人たちは、祭りが楽しければ楽しいほど、豊作になると考えている。

    12
  • 水に覆われた氷の上を犬たちが橇をひく  グリーンランド
    アップデート: 2019年06月29日 16:03
    2019年06月29日 16:03

    溶けていく北極 地球温暖化の広がりを裏付ける10枚の写真

    人類は今、 気候変動による様々な問題に直面している。そのうちの1つ、地球温暖化が特に顕著に感じられるのが 北極で、ここでは地球の他の地域よりも2,3倍速いスピードで温暖化が進んでいる。

    10
  • パリの噴水で泳ぐ女性
    アップデート: 2019年06月28日 22:52
    2019年06月28日 22:52

    今週のベストショット 6月22日-6月28日

    スプートニク日本は、この一週間の間に、世界の通信社の特派員が配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    15
  • シンガポールで開催された鳥の鳴き声コンクール
    アップデート: 2019年06月27日 01:05
    2019年06月27日 01:05

    心地よい囀りを競う シンガポール鳥の鳴き声コンクール

    6月23日、シンガポールで参加者が全員、カゴのなかに入った状態で競うという一風変わったコンクールが行われた。賞金額は最高数百万円にまで達する。

    10
  • 着陸の瞬間
    アップデート: 2019年06月25日 22:47
    2019年06月25日 22:47

    宇宙船ソユーズMS-11がカザフスタンに無事着陸

    国際宇宙ステーション第59次滞在クルーの3人の宇宙飛行士が宇宙船ソユーズMS-11のカプセルに乗ってステーションを離れ、無事地球に帰還した。

    12
  • イワン・クパーラ祭で焚火を飛び越える人々
    アップデート: 2019年06月24日 22:09
    2019年06月24日 22:09

    焚火越えと踊り:ロシアでイワン・クパーラ祭が祝われる

    夏至に合わせた古代スラブ土着の異教のお祭り「イワン・クパーラ」がロシアで行われた。イワン・クパーラは、開花や果樹の結実を賞賛するお祭りだが、少人数で祝われる。

    18
  • アスコット競馬場で王室主催の競技を観戦する女性 英国
    アップデート: 2019年06月21日 21:00
    2019年06月21日 21:00

    今週のベストショット 6月15日-6月21日

    スプートニク日本は、この一週間の間に、世界の通信社の特派員が配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    17
  • 「極圏」  イュクワン・ツァン、中国
    アップデート: 2019年06月20日 03:14
    2019年06月20日 03:14

    宇宙の馬、チタンの月 世界最大の天体写真コンクール 受賞作品が発表

    グリニッジ天文台が主催する世界最大級の天体写真コンクール「Insight Investment Astronomy Photographer of the Year 」が今年の最優秀作品を発表した。

    20
  • レニングラード州でひな鳥たちとともに過ごすコウノトリ
    アップデート: 2019年06月18日 20:15
    2019年06月18日 20:15

    これは吉兆 露レニングラード州にコウノトリ飛来

    ロシア北西部レニングラード州から吉報が届いた。コウノトリが飛来したのだ。この鳥は世界の様々な国で昔から敬われ、数多くの伝承や信仰がコウノトリと結びつけられてきた。もちろん、ロシアと日本もその例外ではない。両国にもまた、コウノトリに関連した言い伝えが存在する。

    8
  • 大型対潜艦の乗組員 露日の共同訓練で
    アップデート: 2019年06月17日 21:21
    2019年06月17日 21:21

    露日海上捜索・救難合同訓練「サレクス」 両国船舶の課題遂行力を見事に証明

    6月15日、極東のピョートル大帝湾海域で露日両国による捜索・救難合同訓練「サレクス2019」が実施された。乗員らは悪天候という恵まれない条件の中、海上救難者の捜索、救助活動を構築した。

    10
  • チリ、アタカマ砂漠にそびえる彫刻「砂漠の手」
    アップデート: 2019年06月17日 17:29
    2019年06月17日 17:29

    地球上で一番雨を待ちわびる、乾いた土地

    6月17日は「砂漠化および干ばつと闘う世界デー」。多くの国にとって夏の到来は酷暑の始まりを意味する。暑さから逃れるのに冷房のスイッチをひねって済む人もいれば、埃を洗い、地熱を冷やすためにひたすら雨を待つしかない人もいる。ところがそんな恵みの雨が数年も待たねばやってこない地域も存在する。地球上で最も乾ききった土地はどんな様子をしているのだろうか?

    12
  • 国際ピオネール・キャンプで休暇を過ごす学生たち、1963年
    アップデート: 2019年06月16日 07:02
    2019年06月16日 07:02

    ソ連の最も有名なピオネール・キャンプ「アルテーク」

    6月16日は「アルテーク」の開設日。「アルテーク」は1925年にクリミア南部の岸辺に設立され、すぐさまソ連の少年団組織「ピオネール」の代名詞となった。1960年代からは、世界最大級の児童保養施設の地位を獲得した。ここで休暇を過ごしたのはどんな人たちだったのだろうか?

    19
  • Weimin Chu氏による写真「グリーンランドの冬」。「National Geographic Travel Photo 2019」コンテストグランプリ作
    アップデート: 2019年06月15日 09:03
    2019年06月15日 09:03

    ドリームキャッチャー、黄昏のイルカ ナショナル・ジオグラフィック旅行写真コンテストの入賞作品

    ナショナル・ジオグラフィック誌は、毎年実施する旅行がテーマの国際写真コンテストの入賞作品を発表した。

    14
  • 月を背景に飛行するエアバスA320型旅客機
    アップデート: 2019年06月14日 21:30
    2019年06月14日 21:30

    今週のベストショット 6月8日-6月14日

    スプートニク日本は、この一週間の間に、世界の通信社の特派員が配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    15
  • チェルノブイリ市内で写真を撮影する観光客
    アップデート: 2019年06月13日 23:55
    2019年06月13日 23:55

    活気づくチェルノブイリ 立入禁止区域が人気観光地に

    野良犬、放棄され窓が割れた建物、そして手つかずの自然。これらは、常に人々を魅了し、チェルノブイリへと引きつけてきたものである。米HBOで最近放送が開始された同名のドラマシリーズは、チェルノブイリ原発事故というテーマに対する関心の新たな高まりを引き起こし、核の石棺や、それに隣接しゴーストタウンとなっている都市プリピャチを目にしたいと願う人々の数は大きく増加している。

    18
  • ロシア沿海地方に生息するニホンジカ
    アップデート: 2019年06月12日 21:01
    2019年06月12日 21:01

    ニホンジカ、レッドブックから脱却できた動物

    1924年、ニホンジカの銃殺と捕獲が禁止された。レッドリストに絶滅危惧種として登録された。だが2014年、個体数が正常に戻ったとして、ロシアのレッドブックから除外された。

    14
  • 埼玉県羽生市で開催された「いす-1グランプリ」の大会
    アップデート: 2019年06月11日 23:16
    2019年06月11日 23:16

    事務椅子でできるのは座ることだけではない 埼玉・羽生で一風変わったレース開催

    埼玉県羽生市で9日、キャスター付きの事務椅子に乗って競走する「いす-1グランプリ(GP)埼玉羽生大会」が開催された。見た目は滑稽なレースだが、実際には体力と忍耐力が要求される。

    10