10:11 2020年07月12日
過去の人気番組
短縮 URL
0 12
でフォローする

グリボエードフの人生はあまりにも多くの謎に満ちている。生まれた年でさえ実はいまだに正確に分かっていない。グリボエードフの名を広く知らしめたのは実際、たった一冊の著書『知恵の悲しみ』だった。

これがいかに天才的な小説であったかということは、ここに書かれた問題がいまだにあまりにも論議を呼ぶことからもわかる。今日でも多くの劇場でこの喜劇『知恵の悲しみ』が舞台上演されているというのも、そこに理由がある。

タグ
文学, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント