15:47 2017年03月30日
東京+ 17°C
モスクワ-6°C
    ウラジーミル・プーチン

    プーチン大統領:ウクライナ危機の背後の「人形使い」は米国

    © Sputnik/ Aleksey Druzhinin
    政治
    短縮 URL
    0 22540

    プーチン大統領が、ウクライナ政権転覆の裏方は米国と当初から見抜いていたと発言。戦闘部隊を特訓したのも米国。

    ロシアは当初から、ウクライナのクーデターの背後の「人形使い」が米国であることを知っていた。欧州はウクライナの反体制派をただ形式的に支援しただけだった。ロシアのプーチン大統領が「ロシア1」テレビのドキュメンタリー「クリミア、祖国への道」で述べた。

    「形式的には、反体制派を支援したのは第一に、欧州であった。しかし、我々は、素晴らしくよく知っていた。あとから理屈付けしたのでない、知っていたのだ。真の人形使いは米国にいる我々のパートナーたち、友人たちであったと。彼らこそがナショナリストらを訓練し、彼らこそが戦闘部隊を養成したのだ」とプーチン大統領。

    プーチン大統領はまた、戦闘部隊の訓練は部分的にポーランドやリトアニアで行われた、と述べた。

    「我々のパートナーたちはどう振舞ったか。クーデターの遂行に道をつけたのだ。つまり、パワーによって、行動を開始させた。それが事を運ぶのに一番いい方法であるとは私は思わない」とプーチン大統領。

    タグ
    ウラジーミル・プーチン, 米国, ウクライナ, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント