21:56 2017年07月21日
東京+ 29°C
モスクワ+ 22°C
    オバマ米大統領

    オバマ大統領 イランと米国の関係を改善する貴重なチャンスについて語る

    © AP Photo/ Jacquelyn Martin
    政治
    短縮 URL
    0 29520

    イランは、自国の核プログラムに関する合意に署名して、米国との関係正常化にとって最近10年間で最も良いチャンスを利用するべきだ。オバマ米大統領が、イランの国民と政府に向けたメッセージの中で述べた。

    オバマ大統領はイランの新年ノウルーズに合わせて演説した。演説は事実上、イランの核問題に関する話し合いのクライマックスが近づいていることに関するものだった。

    米国は最近、ウランやプルトニウムの濃縮分野におけるイランの研究が平和的な性格のものであることを保障する包括的な合意への調印に力を注いでいる。

    オバマ大統領は、「核に関する合意は、偉大な文明の後継者であり、世界に多くのことを与えることができるイラン国民である皆さんにとってより明るい未来に向けて扉を開くのを助ける可能性がある」と述べた。

    オバマ大統領は、「両国は数十年にわたって、相互不信と恐怖によって対立していた」と指摘し、「私は、私たちの前には今、平和的な道でこの問題を解決する歴史的なチャンスがあると信じている。私たちはこのチャンスを逃してはならない」と語った。

    タグ
    核問題, バラク・オバマ, イラン, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント