13:14 2018年09月19日
ドイツ議会議員、EUに対し、米国・英国に対する制裁の導入を提案

ドイツ議会議員、EUに対し、米国・英国に対する制裁の導入を提案

© REUTERS / Hannibal Hanschke
政治
短縮 URL
0 261

ドイツのメルケル首相の米国追随政策は世界を「新冷戦」に突き動かしかねない。ドイツ議会左派会派のサラ・ヴァゲンクネヒト議員はそう見ている。米国はロシアとドイツの協力関係を寸断するために手練手管を尽くしている。

同議員によれば、メルケル首相は、米国に追随することによって、EUをロシアとの長期的対立に突き動かしている。それは引いては「新冷戦」に発展しかねない。

「なぜキエフ政権が今年、財政破綻の危機に直面しているにも関わらず、新型兵器の購入に4倍も多い金額をつぎ込むことを望んでいることに対し、一言の批判も上がらないのか。他にも、軍事顧問の登場、米英兵器の販売。こうした動きを平和な手段による軍事紛争の解消を目指した動きであると解釈することが一体、可能なのだろうか。米国や英国に対して制裁を導入したくはないか。思うに、制裁という路線を見直し、それが大いなる過ちであったこと、それによって欧州が脚を射抜かれてしまったということを認めるほうがよくはないか。だからこそ、制裁は継続されるべきではないのだ」。サラ・ヴァゲンクネヒト議員の議会における発言。

関連:

ロイター:米国には対ロシア制裁を強化する手段がほとんど残されていない
EU、対ロ制裁不拡大を決定
ロシア、制裁リストに外国人200人超を登録
タグ
欧州, 対露制裁, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント