13:12 2018年09月19日
ドイツ議会議員:米国はウクライナのシェールガスを理由にロシアとの対立を始めた

ドイツ議会議員:米国はウクライナのシェールガスを理由にロシアとの対立を始めた

© REUTERS / Hannibal Hanschke
政治
短縮 URL
0 110

ドイツ議会左派会派の第一副会長サラ・ヴァゲンクネヒト氏はドイツ政府の会議で登壇し、政府およびメルケル首相個人に対し、ロシアに対する経済制裁を継続しようとしていることについて批判を行った。

同議員はまた、米国と欧州が現在とっている政策はウクライナに破滅的な影響を及ぼし、対ロ関係危機は欧州全体にとって危険である、と指摘した。

「こうした政策により、ウクライナは産業の大半を失ってしまう。今日、ウクライナは、財政破綻を来たしている。人々は飢え、凍えている。平均賃金はアフリカのガーナより低い。ロシアとの対立はウクライナだけを害するのではない。それは欧州全体を害する。米国がロシアとの対立を始めたことには、経済的な理由もある。そのことは誰にとっても秘密ではない。米国が「人権」と言うとき、同時に有用資源の探索と建設の権利ということが叫ばれているのである。想像してみてほしい、ウクライナには大量のシェールガスが見つかっているのである」。ドイツ議会において、ヴァゲンクネヒト議員。

関連:

ロイター:米国には対ロシア制裁を強化する手段がほとんど残されていない
EU、対ロ制裁不拡大を決定
ロシア、制裁リストに外国人200人超を登録
タグ
欧州, 対露制裁, ガス, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント