18:18 2017年03月29日
東京+ 12°C
モスクワ-2°C
    アンゲラ・メルケル独首相

    独ギリシャ両首相、新たな両国関係の開始を宣言

    © REUTERS/ Yves Herman
    政治
    短縮 URL
    0 109322

    23日ベルリンでメルケル独首相とギリシャのツィプラス首相の会談が実施。両首脳ともにギリシャの債務問題の解決法を合同で模索する構えを確認。またギリシャはドイツに対し、第2次大戦の賠償を求めないことを表明した。

    短い会談のあとツィプラス首相は二国間の友好と新たな関係の開始について言及し、ギリシャは自国の問題について他国を責めないと強調。さらにギリシャは国内問題を抱えており、これに取り組む必要があるとして、問題の筆頭は税金の未払いと付け加えた。
    会談は両首脳の直接的な顔合わせを狙ったものだったが、戦後賠償といった不都合な問題も取り上げられた。これは第2次大戦中にナチスによってギリシャが蒙った被害の賠償要求だが、メルケル首相は会談後の記者会見で、この問題は解決したと語り、ツィプラス首相もギリシャ政府はギリシャ領内でのドイツ資本没収の構えはないことを明らかにしている。

     

     

    関連:

    雑誌Der Spiegel ナチスに囲まれたメルケル首相を表紙に掲載
    輸入禁止措置解除後初めて ギリシャ・ハンガリーの生産物をロシアへ
    欧州委員会 ギリシャのユーロ圏脱退容認
    タグ
    アンゲラ・メルケル, ギリシャ, ドイツ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント