18:25 2018年06月24日
米国の中東作戦で200万人が殺された

米国の中東作戦で200万人が殺された

© AP Photo / U.S. Air Force, Shawn Nickel
政治
短縮 URL
0 180

「核戦争防止に取り組む世界の医師団」によれば、米国の中東における軍事作戦で、米政権が発表している統計の10倍の人が死亡している。

米国の12年間にわたる中東軍事作戦で、イラク、アフガン、パキスタンの3か国だけで130万人が殺害された。国際組織Physicians For Social Responsibility(または核戦争防止に取り組む世界の医師団。1985年にノーベル平和賞受賞)の報告書をリア・ノーヴォスチが伝えた。

米国とその同盟国たるイエメンおよびシリアの共同作戦による死者はこれには含まれていない。これを加味すれば、死者数は200万人に上る可能性があるという。

「この数字は発表されている推計(メディアや専門家が典拠に用いているもの)のおよそ10倍である。米国は対テロ作戦で死亡した自国軍の犠牲については正確な統計を取っているが、市民間の犠牲については何らの統計もとっていない。悪意ある無作為である」と報告書。

タグ
中東, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント