00:21 2018年06月26日
マイダン広場

欧州会議、ウクライナ内務省がマイダン事件捜査に障害

© Sputnik / Andrej Stenin
政治
短縮 URL
ウクライナ危機 (343)
0 33

ウクライナ問題に関する欧州会議のコンサルタント・グループは、マイダン広場の事件を十分に捜査する上でウクライナ内務省が障害を設けたと考えられる証拠があるとの見方を示した。

これ以外にも、キエフ当局によるマイダン広場事件の捜査は欧州の人権と基本的自由の保護のための条約の要求を満たしておらず、捜査組織間の連携提携政策も存在していなかった。

国際コンサルタント・グループのニコラス・ブラッツ代表はマイダン広場事件についての2013年11月から2014年2月までのレポートを提出したなかで、次のように語っている。

「国際コンサルタント・グループのレポートは十分に入念なもので、これによって同グループは国家レベルで行われた捜査はある一定の理解では人権と基本的自由の保護のための条約の要求にこたえていないという帰結に達した。私たちのグループは政府機関が突き当たった困難を認識し、その後直ちに昨年2月の事件の捜査を開始した。」

トピック
ウクライナ危機 (343)

関連:

ウクライナ大統領 ドンバスの義勇軍よりも「右派セクター」のほうが怖い?
ウクライナ 近代化改修後に5機のアントノフ32をインドに返還せず
OSCE監視団、シロキノ村でウクライナ軍の迫撃砲発射225件を観測
ウクライナ南部東部の拷問の事実
ウクライナ元首相、ウクライナに対する陰謀について米国を非難
タグ
ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント