18:11 2017年03月29日
東京+ 12°C
モスクワ-2°C
    米国、アジア太平洋地域に最新兵器を展開する意向

    米国、アジア太平洋地域に最新兵器を展開する意向

    © AP Photo/ Lee Jin-man, Pool
    政治
    短縮 URL
    0 815112

    米国は間もなくアジア太平洋地域に最新式の兵器を配備する意向だ。米国のカーター国防長官が今日行われた韓国のハン・ミング防衛大臣と会談を終えて述べた。

    「米国産の最良かつ最新鋭の装備品、新型ステルス爆撃機や新型軍艦を近内にアジアに配備する。これが米国のアジアへの旋回の最重要部分となる」と米国防相。聯合通信が伝えた。

    米国防相はまた、米国は先端ミサイル防衛システムTHAADの韓国南部への配備を開始する用意がある、と述べた。

    なお、MDシステムの韓国配備には中国・ロシアおよび韓国国内の一部団体が猛烈な反対を示している、と聯合通信。

    また韓国、米国、日本の関係については、米国防相は、これが韓国にとって難しい問題であることはよく理解しているが、過去に学ぶならば、3か国は歩み寄る必要がある、と述べた。

    関連:

    米韓日、安全保障協議開催へ
    朝鮮半島で最大規模の米韓空軍合同演習"MaxThunder"始まる
    タグ
    戦争・紛争・対立・外交, 武器・兵器, 韓国, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント