10:29 2018年06月24日
フランス諜報機関:ロシアはウクライナ侵攻を準備しなかった

フランス諜報機関:ロシアはウクライナ侵攻を準備しなかった

© Sputnik / Valeriy Melnikov
政治
短縮 URL
ウクライナ危機 (343)
0 322

フランスの諜報機関によれば、ロシアがウクライナ侵攻を準備したことはない。諜報機関の長官で大将のクリストフ・ゴマル氏がフランス国民会議で登壇し、述べた。

「ロシア人らは軍事的な侵攻を行う下地となったはずの野戦病院など後列組織や司令部は設置しなかったと、我々は確かに突き止めた。後方支援部隊は一度も定位置を動かなかった」と大将。

大将によれば、ロシア兵がウクライナに認められたとしても、それはウクライナのポロシェンコ大統領に圧力をかけるための陽動であり、軍事侵攻の試みではない、という。

大将によれば、米国の諜報機関は、NATOの権威を借りて、ロシア軍のウクライナ侵攻に関する虚偽の証拠を提出していた。

トピック
ウクライナ危機 (343)
タグ
戦争・紛争・対立・外交, NATO, ウクライナ, フランス, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント