20:12 2018年12月12日
「ノルマンディー4カ国」の外相

「ノルマンディー4カ国」 ウクライナに関する作業グループ設立で合意

© REUTERS / Clemens Bilan
政治
短縮 URL
0 40

「ノルマンディー4カ国」の外相は、ベルリンでウクライナ問題について集中的に協議し、最終文書でミンスク合意履行への忠誠について再び確認した。

ウクライナ、ドネツク
© AP Photo / Mstyslav Chernov
会談では、「ノルマンディー4カ国」が、コンタクトグループに対して、一刻も早いウクライナに関する作業グループの設立を呼びかけた。

その他にも「4カ国」は、接触ラインから撤退させる必要のある兵器の種類に関するリストを拡大するという欧州安全保障協力機構(OSCE)の提案を支持することでも合意した。

一方で、キエフ政権が提案するウクライナへの平和維持部隊導入に関するテーマは、協議の参加者の支持を得ることはできなかった。

 

 

関連:

ガストランジットをめぐるウクライナとの契約、延長はされず
フランス諜報機関:ロシアはウクライナ侵攻を準備しなかった
ウクライナで共産主義がナチズムと合法的に同一視される
ロシア副首相 ウクライナ国家安全保障・国防会議書記の「汚い」核爆弾に関する発言イについて:「精神薄弱者」
タグ
フランス, ドイツ, ウクライナ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント