21:51 2017年07月21日
東京+ 29°C
モスクワ+ 22°C
    「ノルマンディー4カ国」の外相

    「ノルマンディー4カ国」 ウクライナに関する作業グループ設立で合意

    © REUTERS/ Clemens Bilan
    政治
    短縮 URL
    ウクライナ危機 (340)
    0 18010

    ロシア、ウクライナ、ドイツ、フランスの「ノルマンディー4カ国」の外相は、ベルリンでウクライナ問題について集中的に協議し、最終文書でミンスク合意履行への忠誠について再び確認した。会談では、「ノルマンディー4カ国」が、コンタクトグループに対して、一刻も早いウクライナに関する作業グループの設立を呼びかけた。その他にも「4カ国」は、接触ラインから撤退させる必要のある兵器の種類に関するリストを拡大するという欧州安全保障協力機構(OSCE)の提案を支持することでも合意した。

    「ノルマンディー4カ国」の外相会談は、約3時間にわたって続いた。リア・ノーヴォスチ通信が入手した情報によると、フランスの外相がロシア、ウクライナ、ドイツの各外相を残して最初に交渉プロセスから抜け、3カ国の外相が、会談を総括する声明の内容を仕上げたという。

    ロシアのラヴロフ外相は会談について「有益だった」、「相反する意見はあまりなかった」と述べ、ロシアは2月12日にミンスクで開かれた首脳会議で合意されたものを守ることに成功したと指摘した。

    4カ国の外相は、ミンスク合意について、「その軍事部分だけでなく、政治、経済、人道的な部分も」、完全に履行されなければならないと強調した。会談では、ドンバスの安全保障、政治プロセス、人道問題、景気回復に関する4つの作業グループの設立が承認された。ラヴロフ外相によると、今回の会談では、コンタクトグループの枠内における作業グループ設立に関する議論に主な時間が費やされたという。ラヴロフ外相は、「私たちは、作業グループ設立に関するコンタクトグループへの呼びかけが実現されるまでにはある程度の時間が必要とされることを理解しているが、我々のリーダーたちが合意したあらゆる行動の具体化を達成するという私たち共通の決意は、私を元気づける。私は近いうちにも我々が具体的な結果を目にできると考えている」と指摘した。

    ラヴロフ外相によると、「ノルマンディー4カ国」が達した重要な成果の一つは、口径100ミリ未満の武器の撤退や、ミンスク合意にしたがって撤退させなければならない兵器の種類に戦車を加えるなどの問題について検討するという欧州安全保障協力機構(OSCE)の提案が支持されたことだという。ラヴロフ外相は、「これはかなり具体的なものだ。ロシア側はこれについて、我々の代表者を通じて、調整と管理に関する合同センターに1ヵ月半前に提案した。そしてこれが今、『ノルマンディー・フォーマット』で支持された。私は重要な成果だと考えている」と述べた。

    キエフ政権が当初から積極的に主張していたウクライナに平和維持部隊を派遣するという案は、今回の交渉の過程で進展することはなかった。なおウクライナ大統領は会談を前に、平和維持部隊が主なテーマになると考えていると発表していた。「4カ国」は共同声明の中で、ウクライナの「常時監視が必要な地域に事態の沈静化を目的とした」常駐監視団を創設するというOSCEの立場を支持する、と強調した。そのほかにも「4カ国」は、「今後数週間にわたって資金面ならびに人的な面でOSCEを支援し続けるとする一致した決意を表明」を行った。

    トピック
    ウクライナ危機 (340)
    タグ
    OSCE, セルゲイ・ラブロフ, ウクライナ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント