03:20 2018年10月21日
マツダ ロシア市場から撤退せず

マツダ ロシア市場から撤退せず

© REUTERS / Chaiwat Subprasom
政治
短縮 URL
0 100

日本の自動車メーカー「マツダ」は、ロシアの経済状況が原因で自動車の販売台数が減少していることを受けてロシア市場から撤退する外国の自動車メーカーの例には従わない方針。ロシアのエヴゲーニー・アファナシエフ駐日本大使が、マツダの金井誠太代表取締役会長との会談を総括して、リア・ノーヴォスチ通信に伝えた。

アファナシエフ大使は、「金井氏は私に、ロシアの自動車市場は最近の出来事やルーブル下落などによってわずかに減少したが、彼らは残り、私たちとの協力を発展させる意向だ。彼らは、私たちの市場を最も将来性のある市場の一つだと考えている」と述べた。

米国の自動車メーカー「ゼネラルモーターズ」は3月半ば、ロシア市場から「オペル」ブランドを撤退させると発表した。その他2015年には、Chevrolet Aveoの組み立て契約も終了する。

タグ
ロシア経済, 自動車, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント