10:37 2018年12月17日
ポロシェンコ大統領 NATO加盟の是非を問う国民投票実施の意向を表す

ポロシェンコ大統領 NATO加盟の是非を問う国民投票実施の意向を表す

© REUTERS / Gleb Garanich
政治
短縮 URL
0 08

ウクライナのポロシェンコ大統領は、ウクライナの北大西洋条約機構(NATO)への加盟の是非を問う国民投票を実施する意向。

ポロシェンコ大統領はフランスのニュース番組iTeleで、「私はウクライナのNATO加盟問題はウクライナ国民が決めるべきだと考えている。なぜならこれは国の安全保障と防衛の観点から見て極めて重要な根本的問題に関するものだからだ。私は自国で国民投票を実施するつもりであり、私の国民はこの問題について意見を表明するだろう」と述べた。

関連:

イタリアでNATO脱退を求める署名運動が始まる
ロシア外務省:モスクワはNATOの東欧における政策を注視している
ロシア外務省:NATOの「共同核ミッション」は核不拡散条約に抵触する
タグ
NATO, ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント