21:00 2018年06月23日
オランド大統領 EUとロシアの関係はウクライナが原因で悪化したことを認める

オランド大統領 EUとロシアの関係はウクライナが原因で悪化したことを認める

© Sputnik / Sergey Guneev
政治
短縮 URL
アルメニア人大虐殺を記憶する日2015 (6)
0 53

フランスのオランド大統領は、ロシアのプーチン大統領との会談で、欧州連合(EU)とロシアの関係が、ウクライナ危機に関連して悪化したことを認めた。

オランド大統領は、「この状況から最善の方法で抜け出す必要がある」と語った。

トピック
アルメニア人大虐殺を記憶する日2015 (6)

関連:

プーチン大統領、「ネオファシズム、ロシア恐怖症のもたらす結果を考えるべき」
プーチン大統領、アルメニア訪問で「大量虐殺に弁明の余地なし」
プーチン大統領、エレバン到着、アルメニア人虐殺の慰霊祭参加へ
タグ
ウラジーミル・プーチン, フランソワ・オランド, フランス, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント