04:13 2018年06月23日
2012年から2014年まで駐ロシア大使を務めたマイケル・マクフォール氏

前駐ロシア米大使 ウクライナに対しクリミアがロシアに編入された事を受入れるよう求める

© Sputnik / Ruslan Krivobok
政治
短縮 URL
0 70

2012年から2014年まで駐ロシア大使を務めたマイケル・マクフォール氏は、新聞「ウクラインスカヤ・プラウダ」のインタビューに応じ「米国は、クリミアをめぐり戦う用意はない。クリミアのロシア編入は、歴史的事実であり、ウクライナ当局は、現実主義者となる必要がある」と述べた。

前駐ロシア米大使は、次のように述べているー

「米政府は、クリミアのために戦う用意はない。かつてポーランドのためにも、ハンガリーのためにも、チェコスロバキアのためにも戦うつもりはなかった。私は単に、人々が、西側の力を過大評価するのを欲してはいない。我々が、軍事作戦に至る事はない。時に私は、人々が、自分達自身に対するよりも、米国に多くを望んでいるように思えてならない。」

なおウクライナのジャーナリストの「そうした状況で、キエフ当局に残された行動は何か」との質問に対し、マクフォール前大使は「忍耐力を持つ事だ」とアドバイスした。

タグ
クリミア, ウクライナ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント