06:28 2018年06月22日
ドイツ連邦のヨアヒム・ガウク大統領

独大統領、「ドイツでのソ連兵捕虜 の大量死は知られていない」

© REUTERS / Fabrizio Bensch
政治
短縮 URL
戦勝70周年 (57)
0 180

ドイツ連邦のヨアヒム・ガウク大統領は、ドイツ領内で第2次大戦中、多くのソ連兵捕虜が死亡した事実が未だに語られていないことについて、この状況を変えねばならないと発言した。

ガウク独大統領は南ドイツ新聞(Sueddeutsche Zeitung)からのインタビューに答えたなかで、「マスの人の意識のことを言えば、これらの人々(戦死したソ連兵)は忘却のかなたにある。こうした態度は彼らには不公平だ」と語った。リアノーボスチ通信が引用して報じた。ガウク大統領は、ドイツ連邦が来週、ナチズムからの解放70周年を祝う際、ソ連の戦争捕虜の霊を弔うつもりであることを明らかにした。

「5月8日、連邦のブランデンブルグの軍人墓地で私は彼らの霊を弔う。」

第2次大戦中のドイツではおよそ300万人のソ連軍の戦争捕虜が強制収容所や労働キャンプで餓えや寒さ、伝染病が原因で死亡している。

トピック
戦勝70周年 (57)
タグ
歴史, 戦勝70周年, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント