19:54 2018年07月18日
ウクライナ側の武装組織アゾフ大隊の徴兵

キエフ 再びミンスク合意に違反:ウクライナの大隊がOSCEの監視所を占拠

© Sputnik / Evgeny Kotenko
政治
短縮 URL
ウクライナ危機 (343)
0 116

ウクライナのドネツク州で、「アゾフ」大隊のメンバーが欧州安全保障協力機構(OSCE)の監視所を占拠した。

ロシアのラヴロフ外相は、OSCEのダチッチ議長との電話会談で、OSCEはミンスク合意の深刻な違反を直ちに止めるようキエフ当局に要求するべきだと述べた。ラヴロフ外相は、ウクライナ政府に影響を与えるために、ダチッチ議長の権限を使用するよう切に求めた。

ウクライナで活動するOSCEの監視員たちは、「アゾフ」大隊がシロキノ村から4キロの監視所を占拠したと伝えている。またOSCEの2つの護送隊が直接銃撃にさらされたとの情報も入っている。なお、けが人はいない。テレビ「ロシア24」が伝えた。

5月1日、ボランティア大隊「アゾフ」のメンバー約7人が、シロキノ村から4キロのOSCE監視団の監視所を占拠した。

OSCE監視団の拠点の利用に関する通告と、合同管理調整センターのウクライナ軍の将校たちの介入にもかかわらず、「アゾフ」大隊のメンバーたちは拠点の開放を拒否した。

トピック
ウクライナ危機 (343)

関連:

ウクライナ、てんかん患者徴兵で 検察が軍事委員会を摘発
ウクライナ実業界、米国はもう信じない
ガスプロム:ウクライナが必要とするロシア産ガスの量が倍増した
ドネツク人民共和国:マレーシア機墜落時のウクライナの地対空ミサイルシステムの配置場所が記された地図を発見
タグ
ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント