06:05 2017年11月21日
東京+ 7°C
モスクワ+ 2°C
    ロシアは武器貿易条約に参加しない

    ロシアは武器貿易条約に参加しない

    © Flickr/ Amanda Graham
    政治
    短縮 URL
    0 702111

    ロシアは武器貿易条約(ATT)に参加しないことを決めた。同条約には他にイラン、北朝鮮、シリアが反対している。ロシア外務省によれば、67カ国が批准したこの条約は、あまりに脆弱だ。

    ロシア外務省武器管理および不拡散担当局のミハイル・ウリヤノフ局長がロシアのメディアに明かした。条約は「参加国に一定の負荷を与える」。そして、条約が20年後や30年後にどうなっているか見通すことが出来ない。投票によって変更することが可能である。局長は以上のように述べた。

    同氏によれば、ATTは、「他の大半の合意と同様」、途上国によるその実現に関わる部分について、欠陥を抱えている。途上国には輸出管理の仕組みが存在しない。「西欧、ロシア、北欧、米国には、それは存在する。だから、我々は、この条約に対し、否定的なのではない。しかし我々は、それに加わることには意味がないと考えるのである」とウリヤノフ氏。

    条約は数年にわたる厳しい交渉の末、2013年4月3日、国連総会で採択された。154カ国が賛成し、イラン、北朝鮮、シリアなどが反対した。ロシアを含む22カ国が棄権した。ATTは12月24日に発効した。

    タグ
    武器・兵器, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント