21:44 2018年08月20日
ポーランド大統領

ポーランド新大統領に選出のドゥダ氏、ポロシェンコ氏との会談取りやめ

© AFP 2018 / Woltek Radwanski
政治
短縮 URL
0 140

27日にワルシャワで予定されていたウクライナのポロシェンコ大統領と先のポーランド大統領選で当選したアンジェイ・ドゥダ氏との会談は実施されなかった。ポーランド通信(PAP)が報じた。

実現すればポロシェンコ大統領はポーランド大統領選挙後、初めてワルシャワを訪れることになったはずだった。PAPがドゥダ氏に近しい人物から入手した情報によれば、会談取りやめの理由はドゥダ氏の過密スケジュールと欧州議会の議員としてブリュッセル行きの可能性があったため。

これについてロシア下院(国家会議)国際問題委員会のアレクセイ・プシコフ委員長は自身のツィッターの中で、ポロシェンコ大統領のドゥダ氏との会談取りやめは「キエフ政権には打撃」と書き込んだ。プ視コフ委員長は、ドゥダ氏は会談拒否でポロシェンコ氏に「自分が立つ位置と、ウクライナの置かれている位置を見せ付けたかった」のだろうとコメントしている。

ウクライナの体系的分析および予測センターのロスチスラフ・イシェンコ所長はこれについて、会談が成立すれば、ポロシェンコ氏は欧州におけるアンチ・ロシアの気運強化を図ろうとしたはずとの見方を示している。イシェンコ氏は、ポーランドは今、ロシアとの対立強化に関心を抱いておらず、「正常でプログマティックな対露関係を再構築せざるを得ない。制裁はポーランドの要求もあって発動されたものの、ポーランド経済はこの結果あえいでいる」とコメントしている。

 

 

関連:

マスコミ報道、欧州評議会内で ポロシェンコは嘘つきと非難
ウクライナ首相の予測、 「ポロシェンコは10年後、 欧州委員会のトップに就任」
ポロシェンコ大統領 NATO加盟の是非を問う国民投票実施の意向を表す
タグ
ウクライナ, ポーランド
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント