14:02 2017年04月30日
東京+ 23°C
モスクワ+ 12°C
    The Pentagon has quietly released a classified document which reveals the extent of Israel’s nuclear program.

    NATO、ロシアを核攻撃で脅す

    © Flickr/ International Campaign to Abolish Nuclear Weapons
    政治
    短縮 URL
    0 2196317

    NATOはロシアとの直接的な戦闘に耐えることが出来ない、と軍事専門家らは見ている。おそらく、だからこそ、チェコのNATO将軍ペトル・パヴェル氏は、ロシアを核攻撃で脅すことを決めたのだろう。

    プラハで「我らの安全」会議が開かれた。ロシアが中心的な議題になった。西側ではロシア脅威論が馴染みのものとなり、権威ある軍事専門家が、ロシアはいかなる隣国にも侵略する気はない、と述べても、状況は変わらない。

    NATO指導部はロシアとの来たるべき戦闘について物語を続けている。6月1日に着任するNATO軍事委員会代表ペトル・パヴェル氏は、NATOはロシアに核兵器を使用する、と述べた。「ズヴェズダ」が伝えた。氏は、攻撃は戦術的なもので、「敵方の侵略に対してはじめて使用される」と付け加え、努めて自らの脅迫を和らげた。

    このような絶望的な措置を準備するのは、どうやら、NATOは現実の戦闘が起こった時、ロシアに対抗して使用するものを何も持ってはいない、という事実を覆い隠すためであるらしい。

    西側諸国は「ロシアの脅威」をもって自分で自分を脅かし、もはや核戦争を約束することでしか安らぎを見出せないのである。起こり得る軍事衝突についての物語の全ては、何ら根拠を持たず、ただ状況を悪化させるだけである。

    関連:

    ポーランド大統領選、NATO支持・ウクライナ軍事支援推進派が勝利
    米国とNATO アフガニスタンに常駐基地建設へ
    ロシア安全保障会議:国境地域のNATOの軍事的潜在力はロシアとその同盟国の脅威
    タグ
    核兵器, NATO, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント