23:36 2018年11月19日
米欧の大手銀行、FIFAの汚職構造に関わっていた

米欧の大手銀行、FIFAの汚職構造に関わっていた

© AP Photo /
政治
短縮 URL
FIFA収賄スキャンダル (32)
0 103

JPMorgan Chase、Citigroup、HSBC、Bank of America、UBS、Julius Baerといった金融機関の関与が疑われている。

「容疑者およびその他の犯罪的共謀に加担した者たちは米国の金融システムを活発に利用していた。彼らはそれを大規模かつ不断に行っていた。これが、彼らが犯罪を行い、かつ隠すのに用いた、主要な方法のひとつだった」。ヴェードモスチ紙が伝えた。

米国の治安機関は現在銀行への調査を行っている。しかしニューヨーク東部管区検事ケリー・ケリー氏は、これら銀行が疑わしい行為をしていたかどうかについて話すのは時期尚早である、と述べている。

米国法務省は、多くの振込みが100万ドルを超えていた、と指摘している。

疑惑のかかる銀行各行はコメントを控えている。

トピック
FIFA収賄スキャンダル (32)

関連:

FIFAスキャンダル:ロシアが理由でブラッター会長が痛い目にあわされる
プーチン大統領:米国はブラッターFIFA会長の再選を阻止しようとしている
プーチン大統領:米国はFIFAを相手に、アサンジ氏やスノーデン氏に用いたのと同じ方法を用いている
タグ
FIFA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント