21:20 2017年09月24日
東京+ 23°C
モスクワ+ 15°C
    北朝鮮旗

    北朝鮮、米国の虚偽を指弾

    © AP Photo/ Wong Maye-E
    政治
    短縮 URL
    0 73180

    北朝鮮は、米国による「北朝鮮は核問題に関する交渉を拒否している」旨の声明は虚偽である、とし、米国を批判した。朝鮮中央通信の日曜の報道で、北朝鮮外務当局の声明として伝えられた。今週、米国、日本、韓国の高官はソウルで三者協議をもち、北朝鮮への圧力を強化し、北朝鮮を交渉に「復帰」させるよう務める、との声明を出している。

    「米国は先日、日本および韓国との三者協議で、あたかも交渉を望んでいるのは彼らの側であり、我々の側がそれを否定しているかのように、世論を欺き、事実を歪曲しようとした」。北朝鮮は前提条件なき交渉再開を早くから主張していたのに、米国は反対に、「前提条件」を提示してきた、と北朝鮮外交部。

    先の発表では、米国は北朝鮮に対し、交渉再開のためには北朝鮮は核問題解決への意思を「誠実に示す」ことが必要だ、とした。

    朝鮮外交当局によれば、むしろ北朝鮮の方こそ、米国に対し、核実験停止の見返りに朝鮮半島における軍事演習を停止するよう求めてきたのに、米国はその都度そうした提案を否定してきた。「今や時おそし」。相互の信頼が欠けている以上は、軍事力を増大させるしか方途がない、と北朝鮮外交部。

    タグ
    核問題, 米国, 北朝鮮
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント