12:36 2017年04月29日
東京+ 18°C
モスクワ+ 6°C
    露中関係

    ロシア下院国際問題委員長「ロシアと中国のタンデムを許したことは、オバマ政権の主要な失敗」

    © Fotolia/ Zerbor
    政治
    短縮 URL
    0 278110

    ロシア議会下院・国家会議国際問題委員会のアレクセイ・プシコフ委員長は「ロシアと中国による軍事的政治的タンデム形成を許したことは、米国のオバマ大統領行政府が犯した主な失敗だ」

    新聞「イズヴェスチヤ」のインタビューに応じた中で、プシコフ委員長は次のように述べた-

    「米国の対外政策の常識から見て、同時に自分達を中国に対しても又ロシアに対しても対抗する立場においてしまうことは、禁止行為だ。そんなことをすれば、米国にとって不利益であり危険である。おまけに現在中国の力は、毛沢東時代のレベルではなく、はるかに高いレベルにある。ロシアと中国が軍事的政治的タンデムを形成したことは、オバマ政権が犯した主要な失敗だ。アフガニスタンやイラクあるいはリビアでのものに比べられないほどの、まさに失策だった。

    中国とロシアをもう一つの連合に変えてしまうことは、米国及びその同盟諸国の戦略的立場に直接影響を与えている。」

    関連:

    さぁ、一緒に月面着陸だ! 露中が合同で準備開始
    露中海軍演習:8月に会いましょう
    ナルィシュキン下院議長:日韓は露中接近による逸失利益を憂慮している
    露中の艦隊、地中海で演習
    タグ
    露中関係, 米国, 中国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント