05:15 2018年07月23日
セルゲイ・ラブロフとジョン・ケリー

ラヴロフ外相、露米関係に新たなリセットなし、だが対話は続行

© Sputnik / Ministry of Foreign Affairs of the Russian Federation
政治
短縮 URL
0 110

露米関係の新たなリセットはなく、プラグマティックで現実主義的対話が行なわれている。2日、ラヴロフ外相はこう語った。

ラヴロフ外相はブルームバーグTVからのインタビューに答えたなかで、「現在、我々は(我々の対話において)十分に現実主義的だ。プーチン大統領は時折オバマ米大統領との電話会談を実施しているが、対話は十分にプラグマティックなもので、両者は双方が効用を得ることのできる相互関係の具体的分野を話し合っている」と語っている。

ラヴロフ外相はさらに、「自分としてはこれを新たなリセットとは呼ばない」と付け加え、「正常化のなかで必要性が意識されたもの」との見解を表している。

 

 

関連:

「ロシアは世界をどう見ているか」ーラヴロフ外相へのインタビュー抜粋
ラヴロフ外相、対テロ闘争は政治的利益によってはならない
ラヴロフ外相、対米コンタクトは露の国益にかなうものであるべき
ラヴロフ外相、コソボを奪い、クリミア編入を違法とは馬鹿げた話
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント