16:36 2018年12月10日
米国のオバマ大統領

ホワイトハウス、「対露防衛」ミサイルの欧州配備を検討

© AP Photo / Susan Walsh
政治
短縮 URL
0 111

オバマ米大統領府は欧州へのミサイルの地上配備を検討。ミサイルはロシアへ矛先を向けたものとなる。AP通信が報じた。

AP通信によれば、米国がミサイル配備の原因として列挙したのは、ロシアが中距離核戦力全廃条約にあたかも違反したというもので、この点で米国はロシアを非難しているほか、さらにウクライナ情勢も非難の原因として付け加えられている。

AP通信によれば、このミサイルの地上配備の検討はロシア領内の軍事施設に核攻撃を行うチャンス拡大が目的。一方でホワイトハウスとしては現段階ではロシアと交渉を行うほうを選ぶとしている。
これに対しロシア大統領府側は、ロシアは中距離核戦力全廃条約に違反していないと主張し、米国がロシアとの国境付近に米MDを配備したとしてこれを非難している。

 

 

関連:

ケニヤ人のキプロノ氏 70頭の羊と50頭の牛でオバマ米大統領長女にプロポーズ
安倍首相、プーチン大統領との対話継続をオバマ大統領に伝えていた
オバマ大統領、「イエメンの安定を脅かす者ら」に対する制裁の続行を決める
タグ
バラク・オバマ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント