14:23 2017年12月13日
東京+ 9°C
モスクワ+ 3°C
    ウクライナ軍

    米上院議員:ウクライナに武器を与え、その経験を研究せよ

    © AP Photo/ Sergei Chuzavkov
    政治
    短縮 URL
    0 213

    米オハイオ州選出の共和党上院議員ロブ・ポートマン氏は4日、2016年度軍事予算の修正案を上院に提出した。ウクライナに武器および諜報による支援、総額6000万ドル分を供与するというもの。上乗せされた資金はウクライナ側に需要のある対砲弾レーダー、防衛用兵器、無人飛行機、リアルタイムの諜報データを供与し、ウクライナ兵の「軍事行動・計画立案・支援」能力を向上させる訓練を行うことに使われるという。

    また補正分のもう一つの使途として、ウクライナ紛争の研究ということが挙げられている。ポートマン上院議員は、米軍がウクライナ紛争に学び、その行く末を知るために、ウクライナ東部における軍事行動の経過を分析することが必要だ、と見ている。米国の軍人を鍛え、その経験をNATO諸国と共有するために、そうする必要があるのだ、と同議員。

    先の報道によれば、米議会上院はウクライナに対し10月1日以降に殺傷兵器を供給するよう求めている。上院軍事委員会は5月、2016年度の新国防予算案を承認した。それには、ウクライナに3億ドル分の軍事支援を行うことが規定されている。予算の総額は6120億ドルに上っている。

    関連:

    ロシア大統領府:日本とウクライナの二国間関係に干渉はしない
    浜田和幸参議院議員:ウクライナ人ナチストの正当化発言は日本には伝わっていません
    米国務省:ウクライナにおけるボーイング機墜落についての新データ、提出しない
    日本外務省「ウクライナ大統領の 訪日準備を行っていない」
    タグ
    米国, ウクライナ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント