19:30 2018年06月23日
アルゼンチンのクリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル大統領

スノーデン氏はモスクワでアルゼンチン大統領と面会した

© Sputnik / Sergey Guneev
政治
短縮 URL
0 260

米情報機機関の元職員スノーデン氏の弁護士アナトーリー・クチェレナ氏は、スノーデン氏がモスクワでアルゼンチンのクリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル大統領と面会した事実を認めた。

ブエノスアイレス・ヘラルド紙は、アルゼンチン大統領がロシアでスノーデン氏と会った、と報じた。キルチネル大統領は、4月21-23日にモスクワを訪問した。

クチェレナ氏はリア・ノーヴォスチ通信に、「私は、アルゼンチンのクリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル大統領との面会の事実を認める。彼らは会って話をした。私は同席しなかったので、会話の詳細は分からない」と語った。

クチェレナ氏によると、スノーデン氏の面会について発表するか否かを決める権利は大統領にあるため、この情報がインターネットに表れたのは驚きだという。

クチェレナ氏は、「私たちは、これは単純なものではないと仮定できる。もしかしたらこの情報は、違法手段によって入手された可能性がある。この情報をネットで公開することで、非常に得をする人がいたようだ」と指摘した。

クチェレナ氏は、スノーデン氏は様々な人と会っており、そこには社会的地位の高い人も含まれていると指摘した。

クチェレナ氏は、スノーデン氏について、「彼は自由な人であり、誰と会って誰と会わないかは、自分で決めている。もし政治家や国のリーダーなどが彼と接触しようとするときには、自分で決断を下している」と語った。

関連:

プーチン大統領:米国はFIFAを相手に、アサンジ氏やスノーデン氏に用いたのと同じ方法を用いている
スノーデン氏「ロシアでの給料は、米国より少ないが、仕事に満足を感じている」
ニューヨークに出現のスノーデン像、一夜明け、即撤去
スノーデン氏 「米国の優先的政策は紛争を起こす」
タグ
エドワード・スノーデン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント