00:04 2017年08月23日
東京+ 27°C
モスクワ+ 30°C
    G7サミット

    安倍首相 日本はロシアと対話する必要がある

    © REUTERS/ Michael Kappeler
    政治
    短縮 URL
    0 12011713

    ドイツで開催中のG7サミットに出席している日本の安倍首相は、現地時間で7日、ドイツのメルケル首相と会談し、領土問題を解決するためにロシアと対話する必要があるとの考えを表した。

    安倍首相は、ロシアとの関係について、「未解決の北方領土問題を抱えており、その解決に向けて首脳間の直接対話が必要だと考えている」と述べ、プーチン大統領との対話を進めることに理解を求めた、という。NHKが伝えた。
    NHKによると、メルケル首相は支持する考えを表し、「安倍総理大臣自身がコンタクトをとって領土問題の解決に努力したいという姿勢をとっていることに賛成する。世界の紛争が1つでもなくなることはよいことで、できることがあればサポートしたい」と述べた。

    また安倍首相は7日、フランスのオランド大統領とも会談し、「ウクライナ情勢について、停戦合意の完全な履行とともにロシアとの対話を進めることが重要だという認識で一致した」という。NHKが伝えた。

    日本の評論家たちは、ロシアに関してG7内では「温度差」があると指摘している。ロシアに対して米国と英国は強硬路線をとっているが、ドイツは緊密な経済関係でロシアと結ばれており、日本は「ロシアとの対話の窓を閉めてはならない」と主張している。

    関連:

    欧州理事会議長:G7参加者は全員、ロシアの参加を望んでいる
    山積みの国際問題と抗議デモの中、ロシア抜きで開かれるG7サミット
    中国の専門家:7日開幕のロシアが参加しないG7サミットはそれほど大きな影響力を持たない
    英国専門家:「G7メンバー国が平和や繁栄の保証国と考えるのは、真実からほど遠い」
    G7開催反対 ドイツで大規模な抗議行動
    タグ
    露日関係, 安倍晋三
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント