00:06 2017年08月20日
東京+ 23°C
モスクワ+ 31°C
    ドイツのメルケル首相

    メルケル首相:G7は必要とあらば対ロ制裁を強化する

    © REUTERS/ Michaela Rehle
    政治
    短縮 URL
    0 1749328

    ロシアに対する制裁は、ウクライナ情勢が悪化した場合には、強化される。ドイツのメルケル首相が今日、G7エルマウ・サミットの総括会見で述べた。

    メルケル首相は、G7はウクライナ南部・東部情勢について一致した立場を取っている、と述べ、危機は「ミンスク合意」を根拠とする平和的な方法によってのみ解決される、との確信を示した。

    「必要とあればロシアに対し新たな制裁を課す用意が我々にはある。しかし我々はそれを望まない」とメルケル首相。

    先にロシア大統領府は、サミットでミンスク合意の全調印者に対しその実現を呼びかける言葉が聞こえなかったことに遺憾の意を示した。

    ペスコフ大統領報道官は次のように述べた。「制裁に関する今回の発言を注視していた。何ら新しいテーゼではない。また我々は、サミット参加者の中に、アプローチについて一定のニュアンスがあることを認めた。一部の人が、ロシアとの対話の推進が必要であると語り、そうした対話なくして重要な問題を解決することは不可能だ、と語った」

    関連:

    欧州理事会議長:G7参加者は全員、ロシアの参加を望んでいる
    山積みの国際問題と抗議デモの中、ロシア抜きで開かれるG7サミット
    オバマ大統領、G7が屋外でビールを飲みながらの開催でないことを嘆く
    中国の専門家:7日開幕のロシアが参加しないG7サミットはそれほど大きな影響力を持たない
    タグ
    アンゲラ・メルケル
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント