01:39 2019年11月23日
プーチン大統領

プーチン大統領:最後通牒の言語でロシアと話してはならない

© Sputnik / Alexei Druzhinin
政治
短縮 URL
サンクトペテルブルグ国際経済フォーラム2015 (29)
0 332
でフォローする

プーチン大統領は、最後通牒の言語でロシア連邦と話をすることは受け入れられないと述べ、米国はロシアが自らの利益やニーズを自分自身で決定することを認める必要がある、と語った。

プーチン大統領によれば、米国は「非政府部門への融資などを通じ、国際安全保障の分野の決定を押し付け、国内の政治的プロセスに干渉することで」、ロシアに何が必要かということを勝手に決めようとする。

「私たちは私たちの文化の、私たち自身の歴史・文化に基づいて、私たち自身の利益とニーズを決めさせてほしい。我々に対し、最後通告の言語で話す必要はない」。プーチン大統領がサンクトペテルブルク国際経済フォーラムの本会議で語った。

トピック
サンクトペテルブルグ国際経済フォーラム2015 (29)

関連:

国際経済フォーラムで現代版「ジャングル・ブック」が上演
プーチン大統領:日本などのアジア太平洋地域の国々は商品・サービスシェアを伸ばす主な源になるだろう
南シナ海問題、モスクワで討議される
タグ
サンクトペテルブルク, 露米関係, 制裁, 対露制裁, サンクトペテルブルグ国際経済フォーラム2015, ウラジーミル・プーチン, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント