18:08 2019年12月08日
米国MD、ロシアの次世代超音速兵器の前には無効

米国MD、ロシアの次世代超音速兵器の前には無効

© AP Photo / Czarek Sokolowski
政治
短縮 URL
0 210
でフォローする

ロシアは現在実験中の超音速飛行体U-71によって、米国のMDシステムの効果を限定的なものに出来るかも知れない。ワシントン・タイムズが報じた。新兵器は核弾頭を搭載でき、飛行速度は音速の10倍だ。

米紙によれば、ロシアは極秘裏に、新型超音速誘導兵器U-71の実験を行っている。核弾頭を搭載でき、速度は音速の10倍。クレムリンの狙いは、米国のミサイル防衛システムを突破する兵器を手に入れることにある。

米国のMD―ロシアと中国の共通する脅威
© AFP 2019 / US Air Force/Joe Davila

軍事分析センターJane’s Information Groupによれば、計画では、ドンバロフスキイ基地に2020年から2025年にかけて核弾頭搭載の超音速兵器24基が配備されることになっている。この時までにロシアはU-71を運搬可能な新型大陸間弾道ミサイルを手にする予定であるという。

米紙によれば、超音速兵器の飛行速度は時速11200km。その予見不可能な操縦性により、捕捉はほぼ不可能であるという。

米紙によれば、ロシアはこの新兵器を、兵器の管理に関する交渉において、米国に圧力をかける道具として利用するだろう。また、新兵器によって、米国のMDの効果は著しく制限される。

関連:

米国、黒海にイージス弾道MD配備か?
国防省:ロシアは「欧州MDの無制限の拡大」に対処する
米国務省:米国とペルシャ湾岸諸国の軍事協力は地域MD創設を目指すもの
タグ
露米関係, MD, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント