20:51 2017年08月20日
東京+ 27°C
モスクワ+ 30°C
    インドのモディ首相

    中央アジアでの影響力を拡大するインド

    © AP Photo/ Saurabh Das
    政治
    短縮 URL
    0 63380

    インドのモディ首相は、中央アジアでのインドの地位を確固たるものにする考えだ。一週間のあいだに、首相は、ウズベキスタン、カザフスタン、トルクメニスタン、キルギス、タジキスタン5カ国を歴訪し、その後ロシアで開かれるBRICS及び上海協力機構サミットに参加する。インドの首相が、一度のこれだけ多くの国を歴訪するのは前代未聞の出来事だ。

    ラジオ・スプートニク記者は、ロシア科学アカデミー東洋学研究所インド調査センターのタチヤナ・シャウミャン所長に話を聞いたー

    「歴史上初めて、インドの指導者が、一度に中央アジアの国々をすべて訪れる。これは、歴史的、伝統的、地政学的性格を持ったものなど、一連の理由によって説明できる。これらの地域とインドは、すでに古代から、一つの地政学的空間にあった。そうした見地から見れば、なぜこの地域が、インドの関心の範囲内にあるのか理解できるだろう。」

    現在この地域は、インドにとって特別の意義を持っている。インド政府は、上海協力機構の完全なメンバー国になる用意をしている。つまり積極的に、大ユーラシア共同体創設に参加するつもりなのだ。ジャワハルラル・ネルー記念大学ロシア・中央アジアセンターのアルン・モハンティ(Arun Mohanti)所長は、ラジオ・スプートニクのインタビューに応じた中で、その点に注意を促し、次のように続けた-

    「中央アジアは、3つの点でインドにとって重要だ。まず第一に、それは、ロシア、中国、アフガニスタンそしてインドの間の戦略的状態だ。第二番目は,中央アジアのエネルギー資源の豊かさにある。そして三番目は、巨大な市場であるという事だ。それゆえ我々は、中央アジアを、戦略的、エネルギー的そして貿易経済的に利益のある地域であるとみなしている。我々は初めて、あらゆる中央アジア諸国との関係強化に向けた政策を作成しようと試みている。

    この地域と我々とは、豊かな文化的文明的絆により結びついている。しかし残念ながら、我々と中央アジア諸国との間の貿易経済関係は、余り発展していない。まさにそうした理由から、インド政府は«Connect Central Asia»という名前の政治路線を作成した。それゆえ今回モディ首相は、中央アジア5カ国すべてを一度に訪問する事にしたのだ。」

    インドは、北部と南部を結ぶ輸送経済回廊及びエネルギープロジェクトTAPIの実現、地域の安全保障分野での中央アジア諸国との協同行動に非常な関心を抱いている。

    しかしこうした、モディ首相が中央アジア諸国やロシアそして中国と話しあいたいと考えているアクチュアルな問題の数々は明日からの事だが、すでにモディ首相は今日にも、中央アジア諸国との間に今ある歴史的文化的ファクターの上に立って、そうした国々との協同行動を発展させることができる。

    ロシア科学アカデミー東洋学研究所インド調査センターのタチヤナ・シャウミャン所長は、モディ首相を「状況を分析し、具体的なケースにおいて、またインドの影響力拡大にとって最も適した決定を下す能力のある経験豊かな政治家だ。彼は、インド文化と現代的知識のソフト・パワーを利用するつもりだ」と指摘し、次のように続けたー

    「文化的文明的浸透という点では、つい先日我々は『国際ヨガデー』を、その実例として目にした。こうしたものには巨大な力がある。現在実際にソフトな影響力を用いるというメソドが存在する。例えば言葉の普及がそうだ。現在世界中に、ヒンディー語が普及しつつある。近くインドは『国際ヒンディー語年』を宣言する考えさえ持っている。」

    タグ
    戦争・紛争・対立・外交, インド
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント