09:03 2018年07月17日
国際通貨基金(IMF) のラガルド専務理事

IMFラガルト専務理事「支払い遅延のため、ギリシャには新たな支援は行われない」

© REUTERS / Francois Lenoir
政治
短縮 URL
0 50

国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、ギリシャのツィプラス首相との電話会談の中で「ギリシャ政府への新たな支援は、IMFへの支払い遅延により行われないだろう」と述べた。ロイター通信が、IMFスポークスマンの情報として配信した。

それによれば、ラガルド専務理事は、ツィプラス首相に対し「ギリシャへの新たな支援は今のところ提案されない。なぜならギリシャ政府が、IMFの債務支払いを延期したからだ」と説明した。

またIMFスポークスマンは「ラガルド専務理事は、支払遅延に関する自分達の政策に従い、IMFは、ギリシャに資金を拠出する事は出来ないと説明した」と述べた。

先にラガルド専務理事は、ギリシャに追加支援をする可能性を除外せず「IMFは、ギリシャで日曜日に実施された国民投票を念頭に置き、状況を注深く見守っている。我々は、もし要請があれば、ギリシャを支援する用意がある」と述べていた。

タグ
IMF, ギリシャ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント