09:23 2020年07月15日
政治
短縮 URL
ギリシャ:ユーロ圏離脱ならどうなる? (71)
1201
でフォローする

ギリシャのツィプラス首相は、現在、ギリシャの債権問題に最も強硬な姿勢を示している独も、1953年には債務の60%を帳消しにしてもらった過去があると指摘し、これを「最も強い連帯が示された」例と呼んだ。ツィプラス首相は8日、ストラスブルグで行われた欧州議会で演説したなかでこの声明を表している。ロシア・トゥディが報じた。

欧州議会に出席したツィプラス首相は数人の議員からギリシャは「欧州パートナーらへの連帯感」を表すことが出来ないという内容の怒号を浴びた。これに対し、ツィプラス首相はこうした非難の論拠はギリシャを批判する側に対抗するものと指摘し、1953年、欧州は独に最大の連帯感を示し、独が2つの世界大戦の結果、抱えこんだ債務の60%を帳消しにしたと語った。ツィプラス首相は「これは欧州の現代史のなかで最も大きな連帯感が示された例」と強調し、現在、その独自身が長年の間に膨れ上がったギリシャ債務の一部帳消し問題を討議することさえも拒絶している事実を示唆した。

ツィプラス首相はまた、ギリシャ政府が現段階では改革の規模を想像できていないことを明かし、その理由としてギリシャ閣僚はいわゆる債権者の「トロイカ(3者)」(欧州委員会、欧州中央銀行、国際通貨基金IMF)との交渉および深刻な経済危機下での支援に一切の時間と勢力を費やしたからと説明している。

トピック
ギリシャ:ユーロ圏離脱ならどうなる? (71)

関連:

アジア市場、ギリシャ危機と中国危機で軒並み下がる
ビルド紙、ギリシャでロシア人がヴィラを買い漁り
ギリシャ、ユーロ圏に残る意向をEUに確認
タグ
欧州, 歴史, ギリシャ, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント