12:13 2017年08月18日
東京+ 27°C
モスクワ+ 18°C
    フランスの議員達「クリミアの現実の姿を国民に伝える」と約束

    フランスの議員達「クリミアの現実の姿を国民に伝える」と約束

    © Sputnik/ Taras Litvinenko
    政治
    短縮 URL
    0 318110

    フランス国民議会(下院)の代表団は、クリミア訪問を終えたが、自国民のクリミアに対する考え方を変えようと試みる考えだ。フランスの下院議員で、議会の外国問題委員会のメンバー、ティエリ・マリアニ議員は、このように記者団に述べた。

    「フランスに戻った後、クリミアについて今存在する人々の理解を変えることができると思うか」という質問に対し、マリアニ議員は「それを変えるためには、時間が必要だが、我々は、クリミアの別の姿をフランスに持ってゆくと約束する」と答えた。

    また議員は「別の見方からの情報は、世論を深く考えさせる方向へと促すだろう。二つの鐘がなれば、人々は、考え始めるものだ」と指摘した。

    さらにマリアニ議員は、制裁を考える上で、今回の視察は良い経験だったとし「現在フランス国内では、農業危機に関し真剣な論争が持ち上がっている。人々は、この危機が制裁による結果だと理解し始めている。それゆえ、世論は少しずつ変わって行くだろう」と述べた。

    フランス議会代表団の一行10名は、木曜日、モスクワからクリミア入りし、ヤルタやシンフェローポリ、さらにはセヴァストーポリを視察した。なおクリミアで彼らは、地元共和国指導部と一連の会見を行った。

    関連:

    フランス議員団 クリミア訪問で「幸せそうな人たちを見た」
    フランス議員団、クリミア渡航に先立ち圧力を受けていた
    フランスの議員代表団 制裁導入後初めてクリミア訪問
    タグ
    クリミア, フランス, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント