15:45 2018年06月19日
NATOのストルテンベルグ事務総長

NATO「トルコの出来事を注意深く見守り、トルコ当局を支持」

© REUTERS / Eric Vidal
政治
短縮 URL
「イスラム国」の脅威と全世界に広がる過激主義 (182)
1010

NATO評議会の臨時会議参加者を前にストルテンベルグ事務総長は「NATO同盟国は、テロ事件後のトルコでの出来事を注意深く見守り、トルコ当局と連帯している」と述べた。

事務総長は「テロリズムは、それがどんな形を取ろうが、決して正当化する事は出来ない」と強調し、次のように続けた-

「今日、トルコ及びNATOの国境線地帯における不安定な状況について討議するため、こうした会合が開かれている事は、正しく時宜にかなっている。我々は、出来事を大変注意深く見守っており、同盟国トルコに連帯している。」

「IS」がトルコ・シリア国境の町スルチで自爆テロを組織し、又南東部の複数の県では警察官殺害事件が起きるなど(こちらの方は「クルディスタン労働党」が犯行声明を出した)、この一週間、トルコ国内の状況は急激に先鋭化した。こうした事に対抗して、トルコ軍は、先週の金曜日から、シリア北部の「IS」の陣地及びイラク北部にある「クルディスタン労働党」の拠点に対する空爆を開始した。

こうした事に関連してトルコのエルドガン大統領は今日「トルコは、テロリストらの手で殺された我が殉教者達が流した血に対する答えを求めている。ここにおいては、いかなる後退もなく決して退きはしない。我々は、これまで同様の決意を持って、テロリズムと戦う我々の作戦を続けるだろう」と述べた。

トルコは又「IS」から完全に解放された自国の国境すべてに沿って、シリア国内に特別安全保障ゾーンをつくるべきだとの提案を行う意向だ。

 

 

トピック
「イスラム国」の脅威と全世界に広がる過激主義 (182)

関連:

イスタンブールでイスラム国リーダー拘束
トルコ、イスラム国空爆のために米国に自国領土を使用させる
トルコ、初めてイスラム国拠点を空爆
SNS上でイスラム国のプロパガンダと戦うのはカワイイ戦士「ISISちゃん」(写真)
タグ
NATO, トルコ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント