08:17 2018年05月23日
東京+ 19°C
モスクワ+ 15°C
    韓国元大統領の妻 脅迫にもかかわらず北朝鮮へ出発

    韓国元大統領の妻 脅迫にもかかわらず北朝鮮へ出発

    © Fotolia / destina
    政治
    短縮 URL
    140

    韓国の故・金大中(キム・デジュン)大統領の妻、李姫鎬(イ・ヒホ)夫人が5日、北朝鮮の金正恩第1書記の個人的な招待を受けて北朝鮮へ出発した。李夫人の北朝鮮訪問の目的の一つは、「北朝鮮と韓国間の緊張緩和への一助となること」。

    李夫人と共に北朝鮮を訪れる韓国の 金聖在(キム・ソンジェ)元文化観光相は、李夫人が、「わが民族が分断70年の悲しみと痛みを癒し、6・15(2000年の南北共同宣言)の精神で和解、協力し、愛し合い、平和に往来しながら暮らす民族になることを願う気持ちで、平壌に向かう」と語ったことを明らかにした。朝鮮日報が伝えた。

    朝鮮日報によると、93歳の李夫人は、8月5-8日まで北朝鮮に滞在し、小児科や産婦人科の病院、児童施設、妙香山を訪れる予定。また夫人は、北朝鮮にあたたかい衣類を持って行き、貧しい子供たちに配る予定。

    複数の情報によると、李夫人は金第1書記と面会する可能性もあるという。

    なお北朝鮮訪問を前に、李夫人は脅迫を受けた。韓国のNews Dongaの情報によると、正体不明のグループが李夫人が搭乗する航空機を爆破すると脅迫した。脅迫文では、「李氏は夫の金大中氏と一緒に、韓国の納税者たちの金で北朝鮮の金王朝を支えた」と述べられている。韓国のマスコミが報じた。

    警察は、李夫人が北朝鮮を訪れるために搭乗する航空機を入念に調べたが、爆発物は一切発見されなかったという。

    タグ
    韓国, 北朝鮮
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント