02:01 2018年09月24日
ラヴロフ外相、日本は自衛隊の海外派遣を許す一方で歴史の忘却はならず

ラヴロフ外相、日本は自衛隊の海外派遣を許す一方で歴史の忘却はならず

© Sputnik / Grigoriy Sisoev
政治
短縮 URL
8186

日本の指導部は、軍隊を国外で活動させるための憲法改正を主張する一方で、第2次大戦後に形成された秩序の維持に対する国際的な責任を忘れてはならない。ラヴロフ外相はシンガポールのテレビ「チャンネル・ニュース・アジア」からのインタビューに答えたなかで、こうした見解を表した。

「それは日本国憲法であり、日本国民の責任であり、日本があまり輝かしくない歴史の遺産を理解していることを私は疑っていない。私は日本の指導部があらゆる隣国と良好な関係を維持することの重要性を理解していると確信している。日本が第2次大戦後に作られた秩序に関し、国際的な責任を忘れないよう期待する。」

ラヴロフ外相は広島への原爆投下について、世界史における悲惨な出来事であり、全く必要性はなかったと指摘した。

関連:

ラヴロフ外相、オバマ氏が欧州MDは配備しないと言ったのは嘘
タグ
歴史, 第二次世界大戦, セルゲイ・ラブロフ, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント