23:23 2019年11月19日
ロシア議員 日本への原爆投下を人類に対する犯罪と同列に置くことを提案

ロシア議員 日本への原爆投下を人類に対する犯罪と同列に置くことを提案

© Sputnik / Ovchinnikov
政治
短縮 URL
111222
でフォローする

ロシア議会下院最大会派「統一ロシア」の副代表で国防委員会委員のフランツ・クリン ツェヴィチ氏は、国連を介して、1945年の日本への原爆投下を人類に対する犯罪と同列に置くことを提案している。

クリン ツェヴィチ氏は5日、原爆投下から70年を前に記者団に対し、「1945年8月6日と9日に広島と長崎へ原爆を投下する軍事的必要性は一切なかった。米国は原爆投下を見せしめのために利用した。そしてそれは日本ではく、まずはソ連に対するものだった」と語った。

またクリン ツェヴィチ氏は、「これは野蛮行為であり、その本質において無意味であり、人類に対する最大の真の犯罪であり、国連を含めた全ての国際機関が参加する方法で判定するべきであると考えている」と指摘した。

クリン ツェヴィチ氏は、このような種類の犯罪に時効はないと述べ、「そのため70年が経過した今も、この行為を人類に対する犯罪として公式に確定するのは遅くない。これと同じことを繰り返そうと思う人が1人も現れないためにも、これは必ず実行されなければならない」と締めくくった。

関連:

原爆投下後の広島、長崎を見た駐日ソ連大使の報告書が出版
広島・長崎は冷戦の最初の犠牲
ロシア極東で広島・長崎への原爆投下による犠牲者追悼行事行われる
タグ
第二次世界大戦, 歴史, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント