04:41 2018年09月23日
新しい顧客はロシアにミストラルを転売するかも知れない

フランスメディア:新しい顧客はロシアにミストラルを転売するかも知れない

© AFP 2018 / Jean-Sebastien Evrard
政治
短縮 URL
171

フランス政府はロシアとの契約が破綻した後、ヘリ空母ミストラルをより低い価格で転売せざるをえなくなる。仏誌Boulevard Voltaireにジャック・マルタン氏が書いている。

「ジャン=イヴ・ル・ドリアン国防大臣は「取得に名乗りを上げる国は多い」としているが、本当はそんなことはない。それもそのはず、船は、書かれた文字を全て新購入者の言葉に書き換えなければならず、ロシア製の機器が外されて虫食い状態になる。大幅に値下げしなければ誰も買わないだろう」。

「カナダやインド、シンガポール、中国が名乗りを上げているというが、新購入者がロシアにミストラルを転売する可能性も大いにある」。

ジャック・マルタン氏は以上のように述べている。

ロシアのプーチン大統領とフランスのオランド大統領は水曜、ミストラル2隻の建造・供給に関する契約の効力を停止する決定を下した。

関連:

仏「ミストラル」誰が買う? インド、ブラジル、ベトナムか?
露仏がミストラルでようやく合意、仏は12億ユーロを返還へ
タグ
ミストラル, ロシア, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント