07:25 2017年08月23日
東京+ 25°C
モスクワ+ 23°C
    中国への移民送還と資金回帰を望まない米国

    中国への移民送還と資金回帰を望まない米国

    © AFP 2017/ Greg BAKER
    政治
    短縮 URL
    0 1229412

    米国は、9月に予定されている中国の習国家主席の米国訪問を前に中国に対し、中国の諜報員が米国領内で行っている逃亡した中国人移民の強制送還に関する活動を停止するよう求めた。

    ニューヨーク・タイムズ紙によると、中国公安部の職員は商用ビザや観光ビザで入国した官僚を装って米国領内で活動しているという。公安部の職員たちは、移民を説得して即時帰国を強要するために、移民の家族に対して脅迫や暴力などを含む様々な手段を用いている。ニューヨーク・タイムズ紙によると、実際に移民の中には汚職の罪で指名手配されている者たちもいるという。

    中国政府にとっては、移民を米国から合法的に祖国に帰らせるのは難しい。中国は米国と犯罪人引き渡し条約を締結していない。これが法の裁きを逃れて外国に逃亡する中国人の主な拠り所となっている。

    習国家主席は米国訪問でこの問題を提起するものと見られる。一方で米国は中国に対して「キツネ狩り」を止めるよう求めている。

    ロシアの著名な専門家アンドレイ・オストロフスキー氏は、米国は中国から米国に入ってきた資金を維持することと、中国経済を崩壊させるために中国からの資金流入が続くことに関心を持っているため、移民の引渡しを望んでいないとの見方を表している。

    中国への「ブラックマネー」の回帰は、汚職との戦いにおける「習国家主席部隊」の強さを確かめる全般的検査だ。「習部隊」は、政権が犯罪者に勝つか、あるいは犯罪が同政権を弱体化させるかのどちらかであることを理解している。すなわち、中国の秘密諜報員たちが米国領内で行っている「キツネ」の強制送還に関する活動は、米国の抗議にもかかわらず今後も続くということだ。

    タグ
    中米関係, バラク・オバマ, 中国, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント